事業内容事業内容

Connect people and energize the world.

人を繋いで、
世界を元気に。

私たち天喜は日本の企業と海外の若い人材の教育及び彼らの母国の経済発展に貢献し、世界をもっと元気にするため 『外国人技能実習生受入事業』と『外国人特定技能労働者支援事業』という2つの大きな取り組みを中心に活動を行っております。

外国人技能実習生受入事業

外国人技能実習制度イラスト

開発途上国では、母国の経済発展の担い手となる人材の育成を行うため、先進国の進んだ技能・技術・知識を修得する活動が盛んに行われています。 日本では先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、諸外国(ベトナムなど)の若い人材を一定期間産業界に受け入れ、技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みを設けています。 この制度は、開発途上国の将来を担う人材の育成を目的としたもので、将来的な経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とする大変意義のある取り組みとなっております。

技能実習生の受け入れについて

技能実習制度は、最長5年の期間において、実習生が雇用関係の下、日本の産業・職業上の技能等の習得・習熟を図るものです。受け入れ方式は『企業単独型』と『団体監理型』に大別されます。 私たち天喜は『団体監理型』をご利用の企業様へサポートを行っております。

技能実習制度は「安価な労働力」として日本に人材を派遣するものではありません。 あくまでも開発途上国の経済発展を目的とした技能等の修得・移転のための活動であることにご理解をお願い致します。

「企業単独型」とは
企業単独型イメージ
「企業単独型」とは、日本の企業が直接海外の支店や関連企業・取引先等から人材を受け入れ、技能実習を実施する方式になります。 海外に支店や事業所を持つ企業では「企業単独型」の方式で実習生を受け入れる事が可能です。この方式の大きな特徴は、監理団体を経由せず、企業が直接技能実習生の受け入れを行えるため管理費がかからないこと、また人柄なども確認の上受け入れが可能という点になります。
「団体監理型」とは
監理団体が技能実習生を受け入れ、日本の企業等で技能実習を実施する方法を「団体監理型」といいます。 監理団体とは、技能実習制度においてその活動の監督・取締りから受け入れ企業へのサポート等を行う非営利団体のことを指し、具体的な活動内容として企業の依頼を受け、受入れまでの手続きを代行したり、現地での面接や受け入れ後のサポート・監査などを行っています。 この方式の大きな特徴として、企業側は監理団体の様々なサポートを受けることで受け入れに係る諸手続きや人材のサポートなどの負担がかからず、技能実習内容そのものに専念することができるという点があります。
「団体監理型」とはイメージ
実習実施機関(受け入れ企業側)に係る要件
実習実施機関(受け入れ企業側)
に係る要件
「団体監理型」とはイメージ
・技能実習指導員および生活指導員を配置していること。 ・技能実習生に対する報酬が日本人が従事する場合と同等額以上であること。 ・技能実習日誌を作成し備え付け、技能実習終了後1年以上保存すること。 ・その他、技能実習生用の宿舎確保、労災保険等の保障措置などあり。

CONTACT
お問い合わせ

人材支援サービスや、外国人技能実習制度の導入などに関する無料相談を承っております。
少しでもご興味がある事業主様はお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ